急増中!若白髪の原因と対策。

急増中!若白髪の原因と対策。

10代〜20代で白髪が生えはじめてしまう「若白髪」に悩む女性が増えています。

おしゃれが大好き!人目ももちろん気になる年頃なのに、白髪が生えてきたらとっても心配になりますよね。

まさかこの歳で白髪になるなんて・・・

何年かしたら真っ白になるかも。実際の年齢より老けて見えるし外に出るのが億劫、人にも会いたくないなぁ。一人でそんな風に悩んで憂鬱になっていませんか?

まさかこの歳で白髪になるなんて・・・

若白髪の原因は、遺伝、ストレス、睡眠不足、ダイエットによる栄養不足、何らかの病気のサインなどが考えられます。

まずは、髪が黒くなる仕組みと若白髪の原因について詳しく知ることからはじめましょう!原因が分かったら、若白髪のそれぞれの対策について一緒に考えていきます。

特に、生活習慣の乱れ(ストレス・睡眠不足・栄養不足)が原因の若白髪は、“確実に”予防ができるので、安心してくださいね!

髪はなぜ黒いの?

 

黒い髪の正体は、メラニン色素。

実は、毛根で髪の毛が作られてすぐは誰でも白髪なのです。そこをメラノサイト(色素細胞)が黒い色素で埋めていくため、髪は黒くなります。

黒い髪の正体は、メラニン色素

メラニン色素は毛休部(毛根)にあるメラノサイトで作られます。原料は髪の毛を構成している18種類のアミノ酸の中の一つチロシンです。

チロシン自体には色素はありませんが、そこにチロシナーゼという酵素が働きかけることで、チロシンはメラニン色素(黒色)に変貌し髪を黒くさせます。

これが髪が黒くなるメカニズムです。

ではなぜ白髪になるのか?このメカニズムが分かれば、チロシンがメラニン色素になるまでに、何らかの影響が出ていることが考えられます。

若白髪の原因と対策。

若白髪の原因と対策

遺伝による若白髪

両親とも、あるいはどちらか一方が若白髪の場合、子供も若白髪になりやすいそうです。

若白髪と遺伝の関係は、まだ、医学的にはっきり解明されていませんが、 統計的にみると若白髪は親からの遺伝の可能性が非常に高いといわれています。

遺伝による若白髪の対策

遺伝の若白髪の場合は、染めて目立たなくすることを考えてみましょう。

今は、髪が傷みにくい白髪染め・ヘアマニキュア・天然ヘナカラーなどたくさんあります。若白髪を気にしてしまうストレスから、さらに若白髪が増えてしまうよりも、好きな色に染めておしゃれを楽しんで!

遺伝による若白髪の対策

染めるほど白髪が多くない場合は、こまめに切って対処しましょう。繰り返し抜いていると、毛乳頭、毛母細胞、毛細血管が傷ついてダメージを受け薄毛になってしまったり、髪が生えてこなくなることもあります。

後頭部の白髪は、自分で切るのは大変。友だちや家族・美容室や理容室に髪を切りに行った時に、切ってもらえるようお願いしてみましょう。

抜くのは絶対にNG。根元近くを切れば髪や頭皮にダメージを与えることもありません。

生活習慣の乱れによる若白髪

過度のストレスを抱えている。
生活習慣の乱れによる若白髪(過度のストレスを感じている)

強い精神的なショック(環境の変化・受験・友人知人や家族の死など)を受けると、ある日突然部分的にまとまって白髪が生えてくることがあります。

強いストレスで頭皮の血行が悪くなり、髪が生えにくくなるのです。

生き物はストレスを感じると、ストレスから逃れるために無意識に交感神経を活発に働かせ、動きやすい身体を作り始めます。その際に血管を収縮し血流をよくするのですが、優先的に脳や筋肉に多くの血が送られるようになります。

すると、心臓から遠い位置にある毛細血管への血液は届きにくくなり、頭皮が血行不良を起こしメラノサイトの機能が低下します。

髪の色素はメラニンで色付けされていますので、メラノサイトの機能が低下してメラニン色素の分泌が少なくなると、若白髪の原因になります。

髪は1日約0.5mmずつ伸びています。

ストレスが長く続くとその分毛根もダメージを受け続けることになります。色素が定着しない状態が続くわけですから、気付くと長い若白髪がたくさんある状態になってしまうのです。ストレスは溜め込まず、こまめに発散・解消しましょう。

睡眠不足が続いている。

生活習慣の乱れによる若白髪(睡眠不足が続いている)

ストレスと同様、質のよい睡眠が得られない期間が続くと、自立神経がアンバランスになってしまいます。

交感神経が活発に働き、血管を収縮し血流をよくしようとして、脳や筋肉に優先的に多くの血を送ります。

心臓から遠い位置にある毛細血管への血液は届きにくくなり、頭皮が血行不良を起こしメラノサイトの機能が低下、メラニン色素の分泌が少なくなると、若白髪になってしまいます。

極端なダイエットで栄養不足。
生活習慣の乱れによる若白髪(極端なダイエットで栄養不足)

極端なダイエットも要注意。ダイエットと白髪、一見関係ないように思えますよね。

でも、栄養バランスを無視したり、食事量を抑えすぎたダイエットは、若白髪の原因になります。

このようなダイエットは、栄養不足になりやすく、栄養の足りない体内は、生きるために必要な臓器へ優先的に栄養を送り始めます。

結果、心臓から遠い位置にある毛細血管への血液は届きにくくなり、頭皮が血行不良を起こしメラノサイトの機能が低下、メラニン色素の分泌が少なくなると、若白髪になってしまいます。これは若白髪に限らず、抜け毛や薄毛の原因とも言われています。

また、髪の約90%以上はケラチンというたんぱく質でできています。このケラチンを構成するのは、アミノ酸の一種であるメチオニンです。ところが、メチオニンは体の中で作ることができない必須アミノ酸のため、食事やサプリメントからしか取り込むことができないのです。

いかに髪の色を作るという作業が大変なことかが分かりますよね。

髪は口から摂取した食べ物の栄養を吸収して成長しています。食事やサプリメントでたんぱく質をとらないと、黒く艶やかな髪の原料は不足していくことになるのです。

生活習慣の乱れによる若白髪の対策

生活習慣の乱れから起こる若白髪の割合は、若白髪全体の約20%

このような血行不良や栄養不足など、生活習慣の乱れから起こる若白髪は、白髪の原因になる生活を元に戻せば、白い髪も元に戻ります。特に食生活の見直しと改善は効果的!

若白髪が増えるのは、体内でミネラルの中でも特に『銅』が不足している状態です!

銅が不足するとチロシナーゼが機能しにくくなって、若白髪を引き起こしてしまうのです。

髪の成長は、銅に含まれるチロシナーゼという酵素が、チロシンからメラニン色素を作ることで促されているんだって!

チロシンはメラニン色素の元となっているので、チロシンの減少は白髪に直結しています。1日の推奨摂取量は1500mg。魚介類や豆類に多く含まれ、健康的な食生活を心がけていれば、極端に不足することはありません。

でも、お菓子・インスタント食品・レトルト食品の多量摂取や外食が多い場合は、体内の栄養が大きく偏りミネラルバランスが乱れがち。チロシンの摂取量を意識した食生活をしましょう。

チロシンはメラニン色素だけでなく、ドーパミンやノルアドレナリンの元にもなります。ドーパミンは記憶能力が学習能力を、ノルアドレナリンは集中力や判断力を高めてくれますよ。

病気や疾患による若白髪

病気や疾患による若白髪

遺伝や生活習慣の乱れ(ストレス、睡眠不足、ダイエットによる栄養不足)に心当たりがない場合は、病気による白髪の可能性があります。自分でこれといった原因も思い当たらないのに白髪が急に増え体も不調を感じるという方は、早めに医療機関を受診してください。下記のような病気の可能性が考えられます。

胃腸の疾患
慢性的に胃腸機能が低下していると、食べた物が消化されずに排出され、十分な栄養を吸収できず若白髪になりやすいと言われています。頭頂部の白髪は、胃の病気や消化不良が原因になっている可能性があります。

円形脱毛症
十円玉ほどの大きさで脱毛し症状が改善してきた段階で白髪のような髪が生えます。これは、だんだん黒髪へ変わっていくので、心配しないでください。ストレスが大きく、精神的に負荷がかかりすぎる場合によく起こります。

鉄欠乏性貧血
白髪になるのと同時に、鉄分不足で貧血症状が現れます。髪の成長に必要な酸素や栄養が頭皮や髪に運ばれなくなるため、毛細細胞が弱り髪が白くなるのです。

尋常性白斑
皮膚の一部の色が抜け白くなってしまう病気です。原因は分かっていませんが、白斑になるとメラノサイトが機能停止し、メラニン色素の分泌がストップして若白髪になると考えられています。

原田病
網膜剥離が発症し視力が低下する病気です。突然、身体の自己防衛機能が何かの異常により、正常な細胞(メラニン色素)を攻撃してしまいます。結果、若白髪や薄毛などをひき起こしてしまいます。

その他、銀歯による金属アレルギー・虫歯・歯周病も若白髪の原因になる場合があります。

現代人特有?!スマホやVDT作業による若白髪

VDT作業とは、ディスプレイ・キーボードで構成されているVDT(Visual Display Terminals)を使用する作業のこと。一般的にはパソコン作業を指します。技術改新と労働に関する実態調査(平成20年度厚生労働省調べ)の結果では、VDT作業における身体的疲労のうち目に疲れ・痛みを感じる労働者は、なんと90.8%!!

現代人特有?!スマホやVDT作業による若白髪

急に増えるおでこやこめかみの若白髪は、携帯電話やパソコンの使い過ぎにによる眼精疲労が原因です。

『スマホやパソコンとにらめっこの毎日』になっていませんか?

眼はとっても働きもの。私たちが眠っている間でさえ、レム睡眠(90分間に10分〜30分起こります。)の時は、休まず動いているのです。

眼の休憩時間は、1日4〜6時間程度!

スマホをはじめとする携帯機器・パソコン・ゲーム機などの画面に、眼は充分に対応できません。

画面を見る時間が長いと、眼は常にピントを合わせなければいけなくなり、筋肉は緊張し続けます。前頭部の筋肉が固くなって頭皮が血行不良になると、若白髪になります。それだけでなく、画面を凝視すると自然にまばたきの回数が減り、ドライアイにもなりやすいと言われています。

瞼が痙攣して、おでこやこめかみが痛くなったら要注意!

スマホやパソコンを使いすぎる生活は、目を常に酷使している状態ですから、一度若白髪が生え始めると、どんどん増えてしまいます。

また、画面から発光するブルーライトは、紫外線に近い強いエネルギーを持った光。これが目の奥まで到達すると、目はとても疲れやすい状態になってしまいます。

スマホやVDT作業による若白髪の対策

スマホやパソコンで目を酷使している現代人は、昔の人に比べ目のトラブル(眼精疲労や視力低下など)を抱える人が増えています。

でも、スマホやパソコンなしの生活というのは、現代では逆に難しいものです。眼精疲労を感じたり、頭痛や肩こりなど身体に不調がでたら使用は控えめに。

数分おきにゆっくり・しっかり瞬きする、定期的に遠くの景色や空を見る、人工涙液を点眼する、眼鏡を使用する(コンタクトは眼が乾きやすくなります。)など、眼のケアを心がけてください。

蒸しタオルやホットアイマスクなどで目を温めて血行を促進させることで、眼精疲労は軽減されます。眼精疲労の軽減が、若白髪の予防に繋がります。

目に負担をかけないスマホやパソコンの使い方をご紹介しましょう。

  • 画面の文字サイズを少し大きくする。
  • スマホやパソコンを使う時は、ブルーライト対策用メガネを利用する。
  • パソコンやスマホの背景は暗い色を選択。明るさを下げるのも効果的です。(眼を疲れさせるブルーライトは、パソコンやスマホの背景に暗い色を選べばほとんど出ません。仕事でパワーポイントやエクセルなどのソフトを使う方は、背景色を黒に変更してみてください。)
  • 夜の部屋の照明には、白熱灯や蛍光灯、ブルーライト抑制機能付きのLED照明などを使う。
  • 就寝前2〜3時間は、スマホやパソコン画面を見ないよう気をつける。

生活習慣を変えてみよう。

生活の乱れから生えてくる若白髪は、生活習慣を見直し改善することで予防できます。

食生活を改善する。

生活習慣を変えてみよう(食生活を改善する)

若白髪予防に欠かせない3大栄養素は以下の通りです。

  • たんぱく質(髪の元!)
  • ミネラル(髪の毛を育ててくれる原動力)
  • ビタミン(タンパク質の相棒・髪の成長を促す)

これらは、健やかな髪を作るのに必要不可欠な栄養素です。食事でバランスよく摂取するように心がけてみましょう。

代表的な食べ物に、大豆食品・卵・肉・牡蠣・マグロ・トマト・バナナ・カリフラワー・アーモンド・ゴマなどがあります。

  1. 血行が悪くなる油っこい食べ物は控え目に!
  2. 髪の成長に必要な栄養素(銅やチロシンなど)の摂取できる栄養バランスのよい食事を摂る。

若白髪に効果的な食べ物

たんぱく質
豆腐、納豆、肉、魚など
銅(ミネラル)
アンコウの肝、牡蠣、牛レバー、アーモンド、カボチャの種、クルミ、ピスタチオ、ココアなど
ビタミン(ビタミンE・ビオチン)
若白髪に効果的な食べ物(いくらビタミンE)
ビタミンE
いくら、モロヘイヤ、アーモンドなど
ビオチン
卵黄、あさり、ししゃも、かつおぶしなど

チロシン・フェルニアラニン・ヨードの含有量が多い食品や、チロシナーゼ酵素を活性化させる食品を摂るのも、若白髪の予防に効果的です。

どんな食品に多く含まれているか分かりますか?
どんなのがあるのかな?

チロシン(メラニン色素構成アミノ酸)

若白髪に効果的な食べ物(チーズ類のチロシン)
高野豆腐、きな粉、プロセスチーズなど

フェルニアラニン(チロシンの原料)
大豆、小麦、かつおぶし、湯葉など
ヨード(メラノサイトを活性化する)
カツオ、イワシ、サバ、ブリなどの魚類、昆布、わかめ、ひじきなどの海藻
チロシナーゼ酵素(メラノサイトがメラニンを作るときに必要な酵素)
エビ、カニ、イカ、ピーナッツなど

これらの栄養素➕ビタミン類・亜鉛・動物性たんぱく質で、とてもバランスのいい食事になります!

良質な睡眠をとる。

良質な睡眠をとる。

午後10時~午前2時の4時間は、成長ホルモンの分泌が活発になります。髪だけでなく肌も喜ぶゴールデンタイム!

睡眠中に成長ホルモンは活発になり、髪は、この成長ホルモンによって健やかに育まれると言われています。

成長ホルモンが細胞分裂を促し、メラニンを作っているメラノサイトという細胞の死滅と誕生のバランスがとてもいい状態になるのです。

このように、質のよい睡眠をとることは確実に若白髪の予防につながります。質の良い睡眠が取れている状況下では、メラニンの生成が活発に行われ黒い艶やかな髪を育むことができるだけでなく、疲れが取れることで自律神経のバランスも整い血の巡りもよくなるのです。

ストレスを発散・解消する。

ストレスを発散・解消する。

ストレスには、すばやく対応!

継続的にストレスを感じると血のめぐりが悪くなり、頭皮も血行不良となって若白髪になる可能性があります。特に若白髪の場合、白髪を気にしてばかりいると、それがストレスになってさらに更に若白髪が増えるという悪循環になりやすいのです。ストレスはこまめに発散・解消を!

みんなどんな方法でストレスを解消してるんでしょう?ランキング上位のストレス解消法には下記のようなものがあります。

ストレス解消法
心身の健康に効果的な『カラオケ』
リラックスや癒し効果の高い『旅行』
美容効果も得られる『半身浴』
好きな音楽を聴く。
DVDや映画を観て泣く・笑う。
散歩や運動をして身体を動かす。

ストレス解消法は人それぞれ。なかにはちょっと変わった面白いストレス解消法や解消グッズもありますよ。色々試して、自分に合った解消法をみつけましょう。

ストレス解消法
ひたすらキャベツの千切りをする。
Google earthで、地球全体を眺める。
紙を気が晴れるまでくしゃくしゃと丸める、ビリビリ破く。
夫婦、恋人、友だちとお互いの顔に落書きペンで落書きしまくる。
仮装していつもと違う自分達になる。

ストレス解消グッズ
▷大声がささやきに変わる壺
家で大声が出せない・一人でカラオケに行くのに抵抗がある内気さん向け。
▷ストレス解消パンチグッズ
ストレス発散しながらエクササイズ!で美しくなりたい欲張りさん向け。
▷変顔をした手のひらサイズのボール
手の中でグニグニ潰す時の感触が、なんとも言えない心地よさ。机の下ですぐやりたいの!というせっかちさん向け。

運動をする。

運動をする。

適度に体を動かして、常日頃から全身の血行をよくしておきましょう。

頭皮へ栄養が届きやすい身体づくりは若白髪予防になります。無理せず楽しみながら続けることのできる運動を毎日の生活に取り入れてみてください。

勉強・仕事・家事などで忙しくなると運動不足になりがち。運動不足になると頭皮が血行不良を起こし、若白髪の原因になります。

歩いたりジョギングをするのはもちろん、近場は自転車に乗って移動するなど、短時間でも身体を動かすことも効果的です。運動を習慣にすることで血行不良が改善され、若白髪を予防できます。

タバコを吸う女性が増えています。タバコに含まれる二コチンは、体内が血行不良になり若白髪の原因のひとつです。禁煙をおすすめします!

効果的!なツボ押しや頭皮マッサージ。

効果的!なツボ押しや頭皮マッサージ

勉強・仕事・家事の休憩中、ちょっとした空き時間に簡単にとり入れることができるツボ押しや頭皮マッサージは、誰でも簡単にできる若白髪予防法のひとつです。

若白髪以外にも薄毛・抜け毛・フケなどの頭髪トラブルの改善などに効果が期待できます。毎日実践することが大切です。

ツボ押し

 

ツボ押し

ツボ押しのコツは、呼吸を整えてじっくりと。1回5秒〜7秒ほど、痛気持ちいいくらいの力加減で押してください。短期間で白髪が改善されるということはありませんので、毎日継続してくださいね。

 

百会(ひゃくえ)頭部のツボ

右耳と左耳のちょうど真ん中、頭の頭頂部にあるツボ。

百会は万能ツボです。刺激することで、脳が活性化され血行が促進されます。自律神経も整えてくれるのでリラックスでき、ストレス軽減になります。

防老(ぼうろう)頭部のツボ

頭頂部中心にある百会のツボから、後頭部の方へ指幅2〜3本分後ろにあるツボ。

刺激すると若白髪が減ると言われているツボです。文字通り「老いを防ぐ」ツボ。刺激すると頭全体にツーンと響くような痛みを感じるはずです。

風池(ふうち)首のツボ

首の後ろを親指と人差し指で左右からはさみ、頭の上方へなで上げていって、指が止まるところの両側にあるツボ。

血流がよくなる、身体のバランスを整える、ストレスが緩和される、目の疲れをとる、頭痛が解消するなどの効果があります。

健脳(けんのう)首のツボ

風池のツボから指一本分くらい下方に指を動かしたところの両側にあるツボ。

刺激する事で頭皮の血行がよくなって、若白髪予防になります。

頭皮マッサージ

頭の凝りが取れ血行が促進されることで若白髪の予防に繋がります。1日2回、5〜10分行うと効果的です。

頭皮マッサージ

  1. 両手4本(親指を除く)を両耳周りの頭皮にあてる。
  2. 下から上へやさしく円を描くようにマッサージ。
  3. 同じように4本指を頭の両側部分につけ、下から上へとゆっくり動かす。
  4. 最後に、頭の前部分から頭頂部へ、やさしく円を描くようにマッサージ。

対策は『生活習慣の改善と早めの予防!』

対策は『生活習慣の改善と早めの予防!』

加齢による白髪は自然な現象だけど、若い年齢で白髪が生える(若白髪)のはやだな・・・という方に、今回は若白髪の原因と対策、そして簡単にできる予防法をご紹介しました。

生活習慣の乱れが原因の若白髪は、予防ができます。もし、遺伝性のものであってとしても諦めないで。髪にいい生活を心がけることで、進行を緩やかにすることは可能なのです。

規則正しい毎日を送り、バランスのよい食事と適度な運動を心がけることが、若白髪の予防に繋がります。

特に銅とチロシンの摂取は効果的。これらは多くの食品に含まれているため、それほど不足を心配する必要はありませんが、外食が続いたり偏りがちな食生活を送っている場合は、サプリメントなどを利用して毎日摂取を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です